Keiichiro Furukado 古門圭一郎

Keiichiro Furukado was born in 1971 in Kanagawa prefecture. He completed his graduate studies at the Tokyo National University of Fine Arts and Music in 1998.

Keiichiro Furukado's abstract works of art utilize PMMA acrylic sheets to express a rich sense of color and his unique worldview. The ink used in his creations is also his own original formulation that firmly adheres to the acrylic. The works selected for this exhibition use special techniques such as drawing and dropping directly onto acrylic, as well as decoupage using industrial wallpaper.

His works transform urban spaces. The unique creativity and appeal of colorful paint droplets combined with textured wallpaper keep viewers coming back for different interpretations and impressions each time they see his work. His art is designed to transform both public and private spaces while also having a direct and personal relationship with each viewer.

Since he began his art career in earnest in 2005, he has had more than 25 exhibitions. In addition to exhibitions in places such as Tokyo and Shanghai, many of his works are displayed in public spaces such as hospitals, condominiums, office buildings, restaurants and bars.

古門圭一郎

1971年、神奈川県生まれ。1998年、東京芸術大学大学院修了。  

古門圭一郎、彼の抽象芸術作品には、独自の世界観と豊かな色彩感覚とを表現するためにアクリルの板が使われている。アクリルに定着させるインクはまた独自に調合しアクリルに強固に定着する。本展覧会用に厳選した作品には、アクリルに直に行うドローイングやドロッピング、また建材壁紙を使ってのデコパージュのような特徴ある技法が用いられている。 

彼の作品は都市空間を変容させる。色彩豊かな絵の具の滴り、そしてテクスチャのある壁紙との取り合わせは独創的かつ魅力的で、観るものは何度もその前に立ちたくなるだろう。その度ごとに、違った解釈をし、違った印象を受けることになる。彼の作品は、パブリックな空間、プライベートな空間、双方において場所を変容させる雰囲気を持っている。その一方で、作品を観る者ひとりひとりと、直接的かつ個人的な関係を結ぶのである。  

彼は2005年に本格的活動を開始して以降、個展は25回以上を数える。東京や上海の展覧会で展示されたほか、病院、集合住宅、オフィスビル、レストラン、バーといった施設の公共スペースで、多くの作品が展示されている。

Powered by SmugMug Owner Log In